デカフェ・メーカー

  連日の雪となりました、商売上がったりというヤツです。出店依頼をいただいている別のショッピングセンターから年明けに視察を兼ねた挨拶にみえるという情報があり、あまりヒマを持て余して鼻提灯の時に来られても困りますので、それなりにシャキッとしてはおりますがこういう体勢は余計に疲れます。大手の○天市場さんからも特別条件で契約するので数日中に返事が欲しいと責められておりますし、どうしたものでしょうかねえ...。基本的にはお客様(特にリピーター様)のご意向に沿ってという気持ちでおりますが、お店の売上げが右肩下がりであればこれもお客様のご意向の反映と言うことになりますし、霞を食って生きて行くワケにも行きませんから、じっくり様子を窺いながら年内には方向性を決めたいと考えております。
 さて、このところようやくカフェインレス・コーヒー(デカフェ)が定着してきた感がございます。欧米諸国の例を見るまでもなく、本来はもっと早く日本にも定着すべきだったとワタシは考えておりますが、どうも日本では理由の無い中傷みたいなものが長らく存在しておりました。カフェインレス・コーヒーは不味くて飲めないとか、デカフェを焙煎すると焙煎機に臭いが移るとか、お客様のご意見というより焙煎店の側の偏見、固定観念で敬遠されていたフシもございます。日本のコーヒー市場の場合は多少値段が高くなってももっと高品質のspecialty豆で商品を作るべきで、こんなに美味しくてカフェインレスなんですという実績が欲しい気が致します。どこかで誰かが「ご家庭で気軽にできるワンタッチ・デカフェ・メーカー」みたいな商品を売り出してくれると便利なんですけどねえ...、そしたら「今日はエスメラルダのゲイシャをデカフェにして飲もうっと!」なんてスペシャルティ・デカフェを堪能できるんですけど。その気になればすぐにでもこんなマシン作れません?目の付け所はここですから、ちょいと聞いてますか、シ○ープさん!

雪の日の営業

  最近思ったほどお店の売上げが伸びないので少々後ろ向きになっていた所へ今朝は道路が一面の銀世界であります。どうせ大してお客様もいらっしゃらないだろうし何か理屈を付けて休もうかだとか、電車で遅れて行こうかだとか良くない考えが脳裏をよぎります。しかし、そういう中を遠方からお越しいただくお客様もありますから、簡単に休むワケにもまいりません。現に昨日も雪のちらつく中を滋賀県から峠越えのルートを通ってコーヒーを買いにみえたリピーターのお客様もみえましたので、それで三重珈琲だけ休業していたとなると面目丸潰れであります。考えてみればそういう時のために子供の車も四駆のハスラーにしたワケですし、四駆でスタッドレスでこの程度の雪を避けていたら一体何のために買ったんだよと言うことになりますからちょっと早めに「出勤」してまいりました。でも、さすがに四駆は違いますね、安心感が半端ないです。路面凍結は別としてこの程度の降雪は障害の部類には入らないようで、朝から飲酒運転か携帯操作中みたいな蛇行運転の車をよそ目にスイスイ走ってくれます。怖いのは他の車からのもらい事故くらいでしょうか...。三重県では年に一度あるかないかの降雪だけに四駆でスタッドレスなんてほとんど無用の長物ですが、それでもショッピングセンターにおりますと自分だけ休むということができませんからこうした滅多にない障害にも備えておかねばならないのです。ともあれ外はだいぶ雪が降っておりますし、こう寒いとお客様もコーヒー豆なんぞおいそれと買いにはみえないでしょう。でもそれだけに、逆にどうしても所用があってお越しになったお客様があまりの寒さにテイクアウトのコーヒーをご所望されるケースは十分想定できますから、今日は利益抜きでテイクアウト用に少しほっこりできるSpecialty豆をご準備致しましょうか...。本音ですか?もちろん「はよ帰りたい!」なんですけど。

劣化証明書

  昨日はお休みということでいろいろ雑用がありました。その中の1つにマイナンバー・カード用証明写真の撮影があり、携帯で撮影してパソコンでプリントを行ったのですが、今や自分の写真撮影というのは人生を悲観させるには持って来いのイベントでがっかりすることこの上ないものでしかありませんね。だいたい40前後あたりから撮影した写真の中に自分の想定を上回る輩がいた試しがありません。いかに人間が想定以上に劣化する生き物なのか残酷なほど端的に示してくれます。はっきり言ってこれが現実の自分なら自分の人生に「あばよ」と言ってやっても構わない気が致します。この先これ以上の劣化した風貌をぶら下げて生きるなんて苦痛以外の何ものでもないっすよ。この写真をそのまま痴呆徘徊老人の尋ね人広告に掲載しても違和感ゼロであります。他にも約1名、「これ、私じゃない...」と騒いでいる人がおりましたから、ひと昔前のままの自分を冷凍保存している人間が世の中には思った以上にたくさんいるのかも知れません。若い頃にこの世に存在しなかった人たちが今はいっぱしの大人になっているのですから、自分だけ時流をまたいで生きている道理はないのですが、これが厳しい現実なのですねえ...。いっぺんに脱力感に苛まれてしまいましたよ。
 それからもう1つ昨日は知り合いからエスプレッソ・マシンの照会があり、倉庫を探しましたら以前にお店のマシンの代替機として使ったこともあるデロンギの安物が残っておりましたので、それを差し上げることに致しました。今も型番こそ違うものの同じ商品が販売されておりますから十分使えるはずであります。代替機なので使用頻度も高くないですしエスプレッソって何さという程度のユーザーには十分であります。仕様説明では粉でもポッドでも使えると書いてあるのですが、粉を使うと思うようにクレマ(泡)が出ないのでずっと倉庫で冬眠させておりました。「見込み違い」であまり使わずに倉庫行きになった商品がウチは結構あるみたいで、あまりにお気楽にポチる癖を改めないとそれこそ貧乏君の格好の住処になってしまいます。あ~あ、せっかくの休日も昨日は何やら落ち着かない胸くそ悪い一日になってしまいましたぞな...。携帯カメラさん、アンタのせいですぞ!
 
ギャラリー
  • 休日につきJAZZを復活させました